アコムでの取引

今日は、金銭面での不安がありましたので、消費者金融のアコムの契約をさせて頂いた時の、体験談をお話しさせて頂きます。

インターネットのホームページを検索し、融資してもらえるかの項目に記入する箇所がありました。
内容は、年齢など簡単な物でした。結果の方は、数秒で融資可能か解る物でした。
結果、融資可能との事でしたので、早速指定された項目に必要事項を記入しました。

希望融資額を選択し、30万円の契約ををお願いしました。
後日、メールでの連絡がありました。

本人確認の為、電話連絡があり、一通りの確認をし後日、契約内容やカードを同封した、封書が届く事になりました。
数日後、封書が届き無事契約させて頂く事が出来ました。
一連の流れは、この様な形です。

どうしてもお金を借りたい方はこちらでチェック⇒http://www.ybarh.com

 

急な出費に対応してくれたアコム

ついこの間の事ですが、思わぬ出費がありました。思わぬ出費とは車の事故をしてしまったのです。結構大きな事故をしたのに関わらず、怪我一つなかったのが幸いでした。その事故とは、何とよそ見をしていて電柱の車をぶつけてしまったのです。軽くぶつけただけなので大したことはないのですが、車は大きくへこみとてもそのまま走れるレベルではありません。

なので、すぐに修理に出したのですが、生憎車両保険には入っていないので全て自腹で支払わなければなりません。しかし、自腹といわれても全く貯金はありません。どうしていいか全く分からないまま時は過ぎとうとう車の修理代金の支払いが来てしまいました。

そして、その修理代を見てビックリです。なんと30万円という請求症が来たのです。私はせいぜい10万円ほどだと思っていたので、それくらいだったらどうにか給料から出して後は貧乏でもいいから凌ごうと思っていたのを大きく裏切られました。

その後どうしていいか分からず時は過ぎるものの、何の解決策もないままでした。すると、とうとう車屋さんから催促の電話が来てしまいました。そんな時に友人から紹介されたのが、アコムでした。「アコムだと審査が早いし金利も安いからいいよ」といわれて、藁をもすがる気持ちでインターネットで申し込みました。すると友人の言うとおり、すぐに審査が通りお金を借りることが出来ました。正直ここまで早く審査が通ると思っていなかったので、本当に驚くと同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そのアコムより借りたお金と、給料を併せてすぐに車屋さんに支払いに行き事無きを得ることが出来ました。私が修理を頼んだ車屋さんは、近所の車屋さんなのであまり支払いが遅れると変な噂でも流されたら困ります。それらも含め今回は本当にアコムさま様です。もしアコムの審査にすぐに通過出来ず融資してくれなかったら、今の私は無かったと思います。

これからも、何かあったらアコムを利用して生活を豊かなものとしていきたいと思います。

土日でも借りれる即日キャッシングはこちら⇒http://okayama-search.com

キャッシングする時の心構え

私はキャッシングに時々頼ることがあります。
キャッシングは上手く活用することによって、万が一の時の大きな備えや安心にもなってくれるものですし、不意に何らかのイベントや行事が舞い込んできた時にも、非常に役立ってくれるものでしょう。
キャッシングを利用(http://www.relacionessolidas.net)するにあたって、気をつけないといけないことは返済のしやすさや、利息などの問題です。
キャッシングを楽しむといったことはほんとうに便利なことですし、助かることですが、それと同時に返済に関するプランを考えておかなくてはいけません。
いつ頃返済するのかといったことや、分割をする場合は毎月いくらずつ払って返していくのかといった、計画があると安心出来ます。
私はキャッシングをするにあたって、毎月のお給料の中から2万円ずつと、ボーナスで10万円の返済によって、一年くらいで無事に完済することが出来ました。
また、返済はプランのみならず、どこから出来るかといったことや利用時間なども調べておくと安心です。
大手の消費者金融やカード会社のキャッシングであれば、コンビニから24時間いつでも返済できるものもよく見受けられます。
とても便利ですし、出張先などでも安心なので、私はコンビニから返せる消費者金融を愛用していました。

キャッシングするならアコムです

キャッシングをするなら消費者金融大手の「アコム」をお勧めします。三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融ですから安心して利用することが出来ます。アコムの筆頭株主は全株式の36.8%を所有する三菱UFJです。三菱UFJ信託銀行も1.9%の株式を所有しています。両社併せると38.7%の所有になります。

アコムのカードローンの内容は次の通りです。融資金額 1万~500万円まで、 貸付利率(実質年率) 4.7%~18.0%、必要書類 運転免許証(交付を受けていない人は健康保険証等) ただし借入金額によっては収入証明書(源泉徴収票等)が必要、返済期間と回数 最終借入日から最長6年9カ月・1回~80回、 遅延損害金(年率) 20.0%、 担保・連帯保証人 不要。

アコムの店舗へ行かなくてもインターネットで、申し込みから融資まで可能です。ネットでは24時間申し込みが可能で、更に契約もネットで出来ますので忙しい方や出ずらい方には便利です。契約が成立しますと、申し込みされた方の口座へお金が振込みされます。パート・アルバイトの方でも一定の継続的な収入があれば審査の上で借り入れが可能(絶対借りれるキャッシングはある?⇒http://www.argiman.com)です。

また電話でも申込をすることが出来ます。契約後、申込者の指定口座へ即日振込が可能です。但し、審査完了後に運転免許証などの本人確認書類を平日14:00までにFAX送信し、アコムが確認した場合はその日のうちに申込者の指定口座に振り込まれます。借りる方の条件にもよりますが、即日融資が可能です。又金額が大きい場合には、審査が必要になりますので即日融資できない場合もあります。

また「むじんくん」(自動契約機)を利用する場合は、21時まで申し込みが可能です。その場でカードの発行もできますので、忙しい人などに向いています。

海外でクレジットカードキャッシングに助けられた

私は学生時代、カンボジアへ一人旅をしたことがあります。旅行中、私は防犯上の理由で、日本円の入った財布と、カンボジアの通貨であるリエルの入った財布とを分けて保管していました。全財産を1つの財布で管理するのは、リスクが高いと考えたからです。

カンボジアへ行った目的は、世界遺産であるアンコールワットのあるシェムリアップの観光です。
滞在期間は3泊4日で、そのうち3日間、アンコールワットを見学したり、マッサージを受けてみたり、東南アジアのグルメをひたすら食べたり、それは有意義で楽しい時間を過ごしました。
そしてカンボジアを発つ4日目の朝、次にいつカンボジアへ来られるかわからないということもあり、最後にもう一度アンコールワットを見学することにしたのです。最終日の私は、すっかりカンボジアに慣れていました。ですがこの最終日のアンコールワット訪問が、とあるトラブルを私にもたらしたのです。
アンコールワットの入り口付近で缶ジュースを購入した時、僕の胸ポケットにリエルの入った財布は確かにありました。ところが、アンコールワット見学後、リエル入りの財布は無くなってしまっていました。そう、財布をスられてしまったのです。

私は目の前が真っ白になりました。なぜなら、カンボジアを発つ飛行機はシェムリアップから遠く離れたプノンペンの空港だったからです。日本円ではプノンペンまでの公共交通手段を利用できないのです。このままでは日本に帰ることはできません。
刻々と、飛行機の離陸時間が迫る中、私はなんとかリエルを現金で入手する方法はないかと考えました。服や、もう一つの財布にリエルが残っていないか探しました。その時、私の目に入ったのは国際クレジットカードでした。そして、次のような考えが頭に浮かびました。「もしかして、クレジットカードキャッシングでリエルを現金で入手することができるのではないか。」
私はシェムリアップのホテルのATMにクレジットカード(http://www.1milyon.org)を挿し込みました、そして数分の操作の後、私は現金で十分な額のリエルを手にしていました。その後、リエルを用いてなんとかプノンペンまで到達し、無事カンボジアを脱出したのでした。

クレジットカードキャッシングをできなかったなら、私は独りカンボジアで途方に暮れていたに違いありません。キャッシングの思わぬ活用法を体感した一人旅でした

 

消費者金融キャッシングの利息

会社の上司が消費者金融を初めて利用した時代は、キャッシングで年率29.2%も利息が取られて、返済日に遅れると40%という高額の利息を取られたようです。

上司の周りにも沢山の人が消費者金融でキャッシングして、人生が変わってしまい音信不通になった人も多いという時代です、その時代の名残もあり、未だに消費者金融には恐ろしいイメージがつきまとう部分もあります。

実際に社会問題に発展して多重債務者や破産者を社会に多く生み出して、業者も社会的に責められ今では消費者金融のほとんどが上限金利18.0%で返済に遅れた場合でも20%というような利息に変わり、随分と利息が低くなりました、これも新たな多重債務者を産まない為の措置です。

ただし、利息制限法に定められた取引を行ってくれる業者ばかりでは無いです、今でも悪徳業者もありますから、キャッシングしたくなっても、名も知らない消費者金融業者を選んだり、年率が異常に低いとか高い表示の業者は避けるようにしましょう。

そういう業者を選ばない為には、やはり大手でCMに出ているようなお馴染みの会社と契約して利用するのが良いです。

私が利用し始めた頃の業者はすでに金利が安い時代です、なので、返済の計画さえ立てれば非常に使いやすい印象があります。

初キャッシングは大学時代でしたし、バイト等の定期的な収入があれば簡単に貸してくれるシステムです、学生時代に遊び過ぎて一度危うく多重債務状態になりましたが、私が昔の高金利時代ならヤバかったと思います。

やはり消費者金融のキャッシングは簡単に行えるので、つい簡単に使い過ぎてしまう傾向にありますから、返済額と金利、返済にかかる日数等は気をつけて使う必要があります。

私も時代が違えば利息に苦しんで破産して、どこか遠い所に逃げていた可能性もあるので、そういう意味でも私のような人間が破産しないように法整備がされたのだなと考えると、現在の利息の縛りは素晴らしい規制だと感じます。

お得に借りるならプロミスがおすすめ!無利息融資が用意されているからとってもお得です